*****かな文字の部屋へようこそ*****

クラシカルな作品と大字がな作品 時々 季節の花なども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

粘葉装の冊子を作りました 古今和歌集巻第6

ご無沙汰しております。

先月半ばより毎日書道展の作品に着手しておりますが、まだまだ締め切りは先なので、合間にライフワーク作品を作りました。

古今和歌集巻第6を粘葉装の冊子にしてみました。


表紙
具引き唐紙植物の型刷りの料紙を使用。題箋も色違い。

2016-3-8(1)



以前作った時と同じ、親しくしている女流書家の方にいただいた料紙で作りました。
白っぽく見えますが、実際は薄い緑色で、唐紙よりはずっと薄めの厚さです。

2016-3-8(2)



上の画像の左ページ上の接写

2016-3-8(3)




粘葉装

各料紙の谷折りの裏にのりをつけて張り付けております。
冊子の後半のページに薄桃色の唐紙を挿し色で使用。
こういう色をちょっと入れるとちょっとしゃれた感じに仕上がります。

2016-3-8(4)


古今和歌集の巻6は冬の歌のせいか、数が少なく地味めな歌が多いように思います。
あっさりとクラッシックに作るにはいい部分かもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/03/08(火) 02:41:29|
  2. ライフワーク作品
  3. | コメント:0

2016年の年賀状

UPが遅くなりましたが、2016年の年賀状はこんな感じでした。
この数年、喪中が続いたので久々の年賀状だったのですが、愛用のプリントゴッコがすでに備品まで販売終了になってしまい、今回は本当にここまで作るのにどうしようか悩みました。
結局、今まで使用していた賀詞の文字をスキャンし、下地は実際の料紙の画像をスキャンして、プリンターはうちのでは白い枠が付いてしまうので、昔の教え子に頼んで、作ってもらったのでした。


☆一般の年上の方&年上同業の方へ

2016-1-18(1)

カテゴリーの「年賀状」にある文字をそのまま使っております。
「謹賀新年」よりこの賀詞の方が文字のデザイン的にも面白みがあって使えると思います。
「年」は中国の古典では3画目が5画目より長いものがあり、慣れるとこの形の方が概形が逆三角形となるのでスッキリとした見た目になって、しかもちょっとおしゃれな仕上がりになるのでおススメです。



☆友人・知人 親しくしている同業の方・弟子へ

2016-1-18(2)

こちらもカテゴリーの「年賀状」にある文字をそのまま使っております。
「賀正」に「本年もよろしく~」を添わせ、一つの図形のようにして用紙の上に置きました。
このレイアウトは用紙の柄や色を問わず使えるので、困った時のレイアウトです。
「賀正」を「迎春」や「賀春」「福寿」などに置き換えてもいいと思います。



年賀状の基本として年上の方には「謹賀新年」「恭賀新年」「つつしんで新年のお喜びを申し上げます」など
正式な賀詞が好ましいのだそうですが
無礼を寛容に見てくれる方やカードとしても楽しんでいただけるような方、シャレを受けとめてくださる方には、年長者であっても下の年賀状をさしあげております。

また今年も無礼をお許しくださいませ、の気持ちもこめて…

書道教室のお弟子さんから年賀状をいただいた時は下の年賀状を送ることが多いです。
用(実用)と美を兼ねる意味で、書の勉強に少しでも役立てていただければと思います。


テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/01/18(月) 00:47:29|
  2. 年賀状
  3. | コメント:0

寒中お見舞い申しあげます

寒中お見舞い申し上げます。

旧年中は弊ブログにお越しいただきありがとうございました。
公私共にあわただしく、なかなかブログ更新が出来ずにおりました。

展覧会や小作品など作品が出来上がりましたら、またこちらで画像をUP させていただきますので
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて年明け1月4日から10日まで東京都美術館にて『日書展』が開催されました。
私の作品です。

2016-1-16


画像ちゃんとブログに収まっているかしら???
今回は萬葉集 小野老 
「あをによし ならのみやこはさく花の にほふがごとく 今さかりなり」
を2×8(尺)の横作品にしました。

新年最初の書展ですので華のある歌を借りて賀を表現してみました。


テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/01/16(土) 13:43:19|
  2. 展覧会作品
  3. | コメント:0

元永本古今和歌集 巻第19 臨書作品

日中は残暑が感じられますが、日が落ちますとかなり秋めいてまいりました。
月を見るのが楽しい夜が始まりますね。

さて先月臨書した元永本古今和歌集 巻第19を冊子にしましたので一部画像をUPします。


表紙

室内で撮ったので色がくすんで見えますが、古代紫に近い色に金銀の箔がちらしてあります。
題箋は桃色の地に菱形紋の雲母刷り

2015-9-23(1)


巻第19はこうした散らし書きやしゃれた構成が他の巻より多いので、色紙作品や大字かな作品の参考にもなります。

2015-9-23(2)


冊子の色変わりのところです。当時と同じ料紙を入手するのは不可能ですが、文献を見て、なるだけ忠実な色や柄を選ぶようにしています。
元永本古今和歌集の特徴の一つに、濃い色の料紙には線をやや太く、白や薄い色の料紙には細い線で書かれていますので、臨書しますと下の画像のようになります。


2015-9-23(3)


おかげさまで残るは巻20の臨書のみとなりました。
毎年1冊子を目標に、途中病気療養などで1~2回滞った年もありましたが、元気のいい年に2冊子つくったりと、結局始めた年から予定通り21年で完成できそうです。

次に作るものをこれから少しずつ探していこうと思います。
もう臨書でなく、細字作品は自分のオリジナルのみにしようかな、とも。

何をするにも身体が資本。
あと自分がどのくらい作品を作れるかわかりませんが、健康でいいものを書き続けられたらいいなと思うばかりです。



テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/09/23(水) 17:42:08|
  2. ライフワーク作品
  3. | コメント:0

やっと夏休み

先週金曜、ライフワークの元永本古今和歌集巻19の臨書作品を執筆しました。
料紙30枚以上使ったので、やはり12時間超えてしまい
やや涼しい日ではありましたが、ずっと同じ姿勢だったので、終わった後、足がつりそうになりました。

翌日のマッサージではセラピストさんが大汗かいて体をほぐしてくださいました。

冊子は9月に入ってから作る予定ですので、またその際にブログにUPいたします。

さてこれからしばし夏休みです~

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/08/26(水) 04:06:32|
  2. リフレッシュ
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

コウ

Author:コウ
展覧会活動の他、東京・渋谷区や埼玉・川越市や所沢市で書道を指導しております、コウと申します。

展覧会では大字かな作品を出品し
ライフワークではクラシックな細字作品を作っています。


☆書道教室や書道展、その他お問い合わせは

tomonori015015@gmail.com

までよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

ライフワーク作品 (21)
展覧会作品 (33)
訪ねて・・・ (21)
ご案内 (8)
お仕事 (7)
制作風景 (28)
ごあいさつ (13)
ひとこと (35)
書道教室 (18)
年賀状 (8)
出張教授 (23)
リフレッシュ (10)
未分類 (3)
花・HANA・はな (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

ランコム

ランコム ローズ マガジン

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。