*****かな文字の部屋へようこそ*****

クラシカルな作品と大字がな作品 時々 季節の花なども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桐箱へ

冊子や折帖などの小作品・書斎作品を保管するため、夏に桐箱を2つ購入し
この夏に仕上げた、元永本古今和歌集巻4の臨書作品(冊子)と古今和歌集抄(折帖作品)を入れた。


この桐箱には元永本古今和歌集の臨書作品(冊子)が入っています

2011-10-31 (1)



こんな感じの冊子がたくさん入っています

2011-10-31(2)

ご存知の通り古今和歌集は20巻+仮名序1巻なので、全て書き終わるまであと4冊(巻)!
完了するまでは健康でいないと。




さてもう一つの桐箱には折帖作品が

2011-10-31(3)

古今和歌集抄の下には百人一首の折帖、上下各1冊が入っています。



古今和歌集抄は今年夏に作ったもの

2011-10-31(4)



ここでおとなしくしていてください(笑)。
年に1度は箱から出して、虫干ししてあげます。



スポンサーサイト

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/10/31(月) 00:51:34|
  2. ひとこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成15年の作品を壁にかける

月末は仕事オフにして作品の整理や勉強などに充てています。
今日は稽古部屋の壁に額作品をかけてみました。




2011-10-29

平成15(2003年)年3月 所属会派の社中展に出品したもの
古今和歌集抄・春夏秋冬の歌 18首
作品サイズ:縦28,0cm 横106,7cm  

この作品の便利な点は、春夏秋冬の歌があるので、季節ごとに掛け替えなくても良いということ。
ずぼらな人にはいいと思います(笑)。


作品の文頭を接写

2011-10-29 (2)

これは源氏物語を書く時の料紙なので、金箔が贅沢に使われていますね。


作品後半を接写

2011-10-29 (3)

3枚中、最後にちょっと濃い色の料紙を使うと作品が引き締まるような感じがしてきます。



ずいぶんと爽快な感じの運筆だと思ったら、8年前の作品なんですね。
今の私が見ると若いというか青っぽい作品だなあと感じます。

この時に出せないものが今は少し表現出来るようになりましたが
この時の清澄さが今は少しずつ失せてきています。

作品そのものが生きているように、歳月と共に姿が変わっていくのかもしれないですね。


テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/10/29(土) 23:44:37|
  2. ライフワーク作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『氣』

今日は出張教授の日。いつもの武道家の道場での書のお稽古。

いつものメンバーに、昨日からステイしている初来日のフィンランドの女性シリアさんも参加しました。

絵は描いたことがあるそうですが筆で字を書くのはもちろん初めてとのこと。

やはり合気道の『氣』という字を書きたいという希望でしたので指導しました。


2011-10-26出張教授

なかなか上手でしょ。お手本を見ながら最初4枚書いてもらい、それを添削しながらさらにポイントを手ほどきした後に書いた作品がすごく出来がよかったので画像におさめました。
カタカナも初めて見る書体だったようですが手本通りに正しくきれいに書けていました。
画像におさめた作品が端正に書かれていたので「字はその人の内面が出ますよ」と話したら、大学で心理学を専攻していた彼女は、なるほど~といった顔をしていました。


しかし北欧の女性は色白で羨ましいーーー(笑)
携帯のカメラで撮ったので画質が良くないですが実物はもっと美しいです。
撮る時に「スマイル♪」って声をかけたんですけど緊張したのかしら。
勤勉で実直という感じはお国柄みたいですね。



テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/10/26(水) 23:57:20|
  2. 出張教授
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧会作品が仕上がって・・・

昨日、先日手直しした展覧会作品を師匠にお見せしOKをいただき
作品に雅印を押印して来月提出することになりました。

毎回のことですが、大きな仕事が済むとホッとします。

その後、夕方から都内の教室で仕事。

仕事帰りはゆっくりと夕餉。

久々に刺激のあるものをいただく。何を食べたかはこちらで・・・

〆はBarでカクテル2杯。

今日も一日ありがとう。

おやすみなさい。

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/10/26(水) 01:14:20|
  2. 制作風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽しみは花の下より・・・

一昨日、ちょっと時間が出来たので急いで出光美術館へ行ってきました。

2011-10-23出光


今回は文人画。池大雅・浦上玉堂・与謝蕪村・仙の作品がほとんど。

テーマは「笑」のこころ、ちょっと笑える絵ばかり。

特に禅僧仙の作品には笑った。

昭和時代の新聞の4コママンガみたいなタッチの絵や

明らかに失敗した箇所をそのまま描き続け笑えるだるまに仕上げたり

それも一つではなく数点も。

サザエさんにそのまま混ざっても見分けがつかないほど面白みのある漫画風だった。

また、多くの人が集まり花見の宴をしている絵があって、その右上に

「楽しみは 花の下より 鼻の下」と書いてあり

以前どこかでこの言葉を聞いた記憶がよみがえり、印象深かった。


仕事の合間にホッとした時間を持ててよかった。

美術館を後にし、秋の夕べ有楽町まで出かけたついでに、鼻の下を楽しんだのは言うまでもない(笑)。

楽しんだのはこちらで・・・







テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/10/23(日) 02:22:54|
  2. 訪ねて・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

コウ

Author:コウ
展覧会活動の他、東京・渋谷区や埼玉・川越市や所沢市で書道を指導しております、コウと申します。

展覧会では大字かな作品を出品し
ライフワークではクラシックな細字作品を作っています。


☆書道教室や書道展、その他お問い合わせは

tomonori015015@gmail.com

までよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

ライフワーク作品 (21)
展覧会作品 (33)
訪ねて・・・ (21)
ご案内 (8)
お仕事 (7)
制作風景 (28)
ごあいさつ (13)
ひとこと (35)
書道教室 (18)
年賀状 (8)
出張教授 (23)
リフレッシュ (10)
未分類 (3)
花・HANA・はな (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

ランコム

ランコム ローズ マガジン

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。