*****かな文字の部屋へようこそ*****

クラシカルな作品と大字がな作品 時々 季節の花なども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピーク

最近、魅力あるブログに出合いまして、時間があれば必ず訪問しています。
ここである日のブログの数行を引用させていただきます。


>また直したくなるかもしれないが
>この辺で一旦完成

>どこでやめるかが難しい

プロの方でいらっしゃるのかはわかりませんが、芸術家に師事されている美術刻石の方です。
短い文章の中に、いろいろなものが凝縮されていて
『言い言えて妙』ってこういうことかなと思ったりしています。
この数行の中に、ものを作る者が共感するいろいろな思いが詰まっていて
ついつい感じたことを書きたくなってしまいました。


作品を完成させる。
つまり、『どこで(さしあたり)完成とするか』というのは、すべての作家において作品のピークを見定めることでもあるのかなと思いますね。
だから難しいのですよね、私もよく悩むところです。

ゼロから始めるのだから、手を加えればきりがない。
ただ手を加えることによって新たに得られる『よさ』もあれば、今まで持ち得た『よさ』が消失してしまうこともある。
手を加えることによって作品の質が失われてしまうことも少なくないから。
あえて手を入れないことで、そこに高い品性が産まれることもあるし。

作品にはこれが『完全』というものがない。
どんな著名な芸術家もそう思っているからこそ、次の作品へその思いを繋いでいくのではないかな。

100%の作品を目標とするも、作るのは絶対無理。
以前の作品よりは少しはいいものができたようだが
どうしてもこれ以上は作品の質が上がりそうもない、というところで
現時点の私のピークなのだと自分の未熟さと現実を知らされる。
毎回ながら悔しいけれど現状を受け入れることも必要。
そして、その不可能を可能にするべく、次の作品へテンションをつなげていこうと思っています。

なので、8割がたの作品の仕上がりで良しとしようと思っています。
8割がたの作品を作るために全力を尽くすという感じです私は。
実際8割がたの作品を作るというのもかなり大変なのですが。
残りの満足できていない2割は、次の作品への布石とします。


満足できないものを抱えながら、次の作品に着手する。
そしてまた満足できないものを抱えて、その次の作品に向かう。
いつも満たされていない、そういう渇望を力にかえて新たな作品へ向かう。

誰も登ったことのない険しい山を少しずつ登っていくようだ。




スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/30(水) 06:06:08|
  2. ひとこと
  3. | コメント:0

ちょっと充電

作品、とりあえず師からOKが出て、ほっとしました。
でもまだあと1回は推敲して仕上げなくては。

締切は先ですが、ちょっとまとまって休みが取れたので現実逃避してきます。
気分転換というか充電でもありますが。
いい景色をたくさん撮ってこようかと。

昨日から急ぎ荷物作って、さっきまで英語、フランス語、あともう一ヶ国語、簡単な会話をGoogle使って検索してました。
音声が出るので便利~


来週月曜には帰宅の予定。夜仕事なので、どうしても戻ります。


それではまた火曜以降に・・・

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/24(木) 04:17:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコンが新しくなり・・・

秋になり、ちょっと調子が悪いなと思っていたら
連休中、急にガクッと悪くなり、ネットには繋がるのですが文書作成ができず
どうしても文字変換が「ひらがな」にならず、しばらく更新できませんでした。

ワードやエクセルで仕事の書類などを作成したり、毎月末にお弟子さんたちに翌月のスケジュールなどを添付してメールを送信するので、やはりもうパソコンなくしては生活できないですね。
そのうちiPadかandroidにして、外出先でも時間ができたら文書が作成できるといいのですが。

というわけで、数日前に新しいパソコンに買い換えました。
しばらく新しいシステムに慣れるまでは大変ですが、ひとまずちゃんと文章が打ててよかったです。

また、更新させていただきますのでよろしくお願いします。


仕事の方は…今月に入り、来年1月の書展の作品制作に着手しました。
昨日、師に見ていただきお墨付きはいただきましたが、あともう少し推敲してから仕上げようと思っています。
でもとりあえず師にOKをいただいたので安心しました。


緋毛氈のような曼珠沙華(2012年10月撮影)
2013-10-23

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/23(水) 04:11:20|
  2. ひとこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粘葉装 冊子 古今和歌集巻第4 秋歌 上 

先月末、師にお見せしたあと雅印を押しましたので、遅くなりましたがUPします。


表紙

サイズ:17.0㎝×12.5㎝ 
2013-10-5(1)




開いた時のサイズは、ちょうど半紙横2分の1の大きさです↓
料紙を中表に2つ折りにし、紙の裏の折山から各5㎜幅にのりをつけ次の料紙と貼り合わせる。

波文様
初めのところですね・・・ ちょっと緊張してますねぇ。

2013-10-5(2)

紅梅~藤色ぼかし
緊張するのは最初のページだけで、後はただ書き続けるのみです。

2013-10-5(3)

淡黄色に金銀の箔
2013-10-5(4)


最後のページ
最後の1首を広い空間におさめ、雅印を次のページに押してみました。

2013-10-5(5)


粘葉装の特徴

2013-10-5(6)
各料紙の裏中心をのりで貼り合わせていくので、裏はきれいに開きません。


2013-10-5(7)

横から見ると特徴がよくわかります。蝶々のようにひらひらしているので胡蝶装ともいいます。


落款

細字用の印のなかでも一番好きなもの。使う頻度も1番です。酒井子遠先生刻
2013-10-5(8)



本日もご高覧ありがとうございました。

今年中には、また元永本の臨書作品を作る予定です。




テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/05(土) 02:09:43|
  2. ライフワーク作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

コウ

Author:コウ
展覧会活動の他、東京・渋谷区や埼玉・川越市や所沢市で書道を指導しております、コウと申します。

展覧会では大字かな作品を出品し
ライフワークではクラシックな細字作品を作っています。


☆書道教室や書道展、その他お問い合わせは

tomonori015015@gmail.com

までよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ライフワーク作品 (21)
展覧会作品 (33)
訪ねて・・・ (21)
ご案内 (8)
お仕事 (7)
制作風景 (28)
ごあいさつ (13)
ひとこと (35)
書道教室 (18)
年賀状 (8)
出張教授 (23)
リフレッシュ (10)
未分類 (3)
花・HANA・はな (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

ランコム

ランコム ローズ マガジン

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。