*****かな文字の部屋へようこそ*****

クラシカルな作品と大字がな作品 時々 季節の花なども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

忍耐

昨日は出張教授でした。

武道家の方に指導しながら、そこに短期間内弟子に来ている外国人に、希望に応じて書道に親しむ手ほどきをしています。

昨年末より内弟子にいらしてもう1月から月1~2回ほど指導しているアルゼンチン人のカルロスさんが、今月末に帰国されるというので、昨日は彼のリクエストした言葉『忍耐』を手本に書いて、練習していただきました。


2014-2-20(1)

武道を学びに来日しただけあって、選ぶ言葉も渋いですね。
線が震えることなくすっきりと引けて、形も整い素晴らしい出来栄えです。
私が手本を書いている様子を見て、ほとんど同じようなタッチ(筆触)で書いていたのには驚きました。
ブエノスアイレスの大学で建築学を教えている先生だそうで、字を図形的にとらえたりセンスもいいのだと思います。
おそらく若い時はフリーハンドで製図などを書いていたと思われ、特に小筆を持つ手はしなやかで日本人以上にうまく扱っていました。

筆で字を書くのはこれが初めてではなかったようですが、今までは画材用の筆と水彩絵の具で書いていたようだったので、これをきっかけに日本で書道用の筆を購入したようです。




ずいぶんと熱心だったので、私からささやかですが色紙をプレゼントしました。

2014-2-20(2)

出来が今一つ・・・私のほうが恥ずかしいな(苦笑)




外国の方が日本の文化にちょっとでも触れて楽しんでいただけたらいいかなあと思います。



スポンサーサイト

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/02/20(木) 02:35:43|
  2. 書道教室
  3. | コメント:2

大雪の前日に

14日に行く予定にしていた展覧会を1日繰り上げ13日に観に行きました。



場所は乃木坂駅の上にあります『国立新美術館』です

2014-2-17(1)


第39回 あきつ会書道展 本日まで開催しています

2014-2-17(2)


創立者 仲田光成先生の遺墨

2014-2-17(3)

見おくるにめの離されぬ花野かな 千代尼
シャープで素敵ですね。古筆の香りを醸し出しつつ仲田先生の高雅な持ち味が表れています。




米本一幸先生の作品

2014-2-17(4)

秋の夜の月をゆきかとながむれば 梅雨もあられのこゝちこそすれ  西行

米本先生の作品もとても好きで、毎回拝見させていただいております。
シンプルでありながらほんわかとした温かみがあって、観る人の心を和ませてくれる素晴らしい書です。
私もこういう作品がつくれるように日々稽古しないと、と思います。



永田翠幸先生の作品

2014-2-17(5)

筏おろす佐保の川かぜふきぬらし うきて渡るゝ秋の夕霧 他1首    藤原家賢

永田先生の書は中字~細字の作品を拝見したのが最初で、古筆の流線美をエキスとした作風で、その典雅さにひかれて毎回拝見させていただいております。
平安時代の香りがする作品です。雅ですね。




仲良くしてくださっているM先生の作品

2014-2-17(6)

ひらくほど紅さしてくる大牡丹  石原八束


『書は人なり』と言いますが、M先生の作品はいつもクールで颯爽としていて、先生そのものです。
線の緩急や墨色の変化、潤渇などはもちろんのこと、ぼかしの画仙紙の扱いも卓越していらして、羨ましく感じております。



偉大なる書道家とその門人たち。同じ美意識を持ち、そして各自の審美眼を養い、さらにその美しさを後世に伝えていく。

衣食住のように欠かせないものではないとしても、モノが満たされた後には、こういうものがあってもいいと思う。
強いるものではないけれど、触れてみることをお勧めしたい。





そして・・・まさか翌日が大雪とは、このときは知る由もなかったのでした。

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/02/17(月) 00:28:50|
  2. 訪ねて・・・
  3. | コメント:0

書展のお知らせ

今月25日(火)から3月2日(日)まで東京銀座画廊・美術館にて、私が入門しております会の書道展が開催され、私も出品いたしております。

2014-2-3


今回は2尺×6尺の額に萬葉集・大伴家持の歌を1首、横作品です。

プロになってからというもの、作品はやはりその時々の自分の気持ちになるべく近い歌を選んでまいりました。
自分の生きている時間をそこに込めるということは、やはり単なる作り物にしてはいけないと思ったのです。
今だからこそ、これを構築していく。自分の思いを積み上げて、結果カタチになったものが私の『作品』です。
まずは古今和歌集から歌を選び始めましたが、今やほとんど作品にしてしまったので
最近は萬葉集の中からも選ぶようになりました。
ご存知のように萬葉集は古今和歌集より古く、素朴な歌やありのままの気持ちを表した歌などが多く
これぞ詩歌の原点といった秀歌ばかりです。
今まではちょっと敷居が高かったのですが、私も少し大人になりその趣を味わえるようになりました。

歌と私のコラボレーション 
独りよがりなものになってしまうのでしょうが
もし親しんでいただけるようでしたら幸いでございます。




テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/02/03(月) 02:37:41|
  2. ご案内
  3. | コメント:0

プロフィール

コウ

Author:コウ
展覧会活動の他、東京・渋谷区や埼玉・川越市や所沢市で書道を指導しております、コウと申します。

展覧会では大字かな作品を出品し
ライフワークではクラシックな細字作品を作っています。


☆書道教室や書道展、その他お問い合わせは

tomonori015015@gmail.com

までよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

カテゴリ

ライフワーク作品 (21)
展覧会作品 (33)
訪ねて・・・ (21)
ご案内 (8)
お仕事 (7)
制作風景 (28)
ごあいさつ (13)
ひとこと (35)
書道教室 (18)
年賀状 (8)
出張教授 (23)
リフレッシュ (10)
未分類 (3)
花・HANA・はな (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

ランコム

ランコム ローズ マガジン

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。