*****かな文字の部屋へようこそ*****

クラシカルな作品と大字がな作品 時々 季節の花なども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大雪の前日に

14日に行く予定にしていた展覧会を1日繰り上げ13日に観に行きました。



場所は乃木坂駅の上にあります『国立新美術館』です

2014-2-17(1)


第39回 あきつ会書道展 本日まで開催しています

2014-2-17(2)


創立者 仲田光成先生の遺墨

2014-2-17(3)

見おくるにめの離されぬ花野かな 千代尼
シャープで素敵ですね。古筆の香りを醸し出しつつ仲田先生の高雅な持ち味が表れています。




米本一幸先生の作品

2014-2-17(4)

秋の夜の月をゆきかとながむれば 梅雨もあられのこゝちこそすれ  西行

米本先生の作品もとても好きで、毎回拝見させていただいております。
シンプルでありながらほんわかとした温かみがあって、観る人の心を和ませてくれる素晴らしい書です。
私もこういう作品がつくれるように日々稽古しないと、と思います。



永田翠幸先生の作品

2014-2-17(5)

筏おろす佐保の川かぜふきぬらし うきて渡るゝ秋の夕霧 他1首    藤原家賢

永田先生の書は中字~細字の作品を拝見したのが最初で、古筆の流線美をエキスとした作風で、その典雅さにひかれて毎回拝見させていただいております。
平安時代の香りがする作品です。雅ですね。




仲良くしてくださっているM先生の作品

2014-2-17(6)

ひらくほど紅さしてくる大牡丹  石原八束


『書は人なり』と言いますが、M先生の作品はいつもクールで颯爽としていて、先生そのものです。
線の緩急や墨色の変化、潤渇などはもちろんのこと、ぼかしの画仙紙の扱いも卓越していらして、羨ましく感じております。



偉大なる書道家とその門人たち。同じ美意識を持ち、そして各自の審美眼を養い、さらにその美しさを後世に伝えていく。

衣食住のように欠かせないものではないとしても、モノが満たされた後には、こういうものがあってもいいと思う。
強いるものではないけれど、触れてみることをお勧めしたい。





そして・・・まさか翌日が大雪とは、このときは知る由もなかったのでした。

スポンサーサイト

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/02/17(月) 00:28:50|
  2. 訪ねて・・・
  3. | コメント:0
<<忍耐 | ホーム | 書展のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

コウ

Author:コウ
展覧会活動の他、東京・渋谷区や埼玉・川越市や所沢市で書道を指導しております、コウと申します。

展覧会では大字かな作品を出品し
ライフワークではクラシックな細字作品を作っています。


☆書道教室や書道展、その他お問い合わせは

tomonori015015@gmail.com

までよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

ライフワーク作品 (21)
展覧会作品 (33)
訪ねて・・・ (21)
ご案内 (8)
お仕事 (7)
制作風景 (28)
ごあいさつ (13)
ひとこと (35)
書道教室 (18)
年賀状 (8)
出張教授 (23)
リフレッシュ (10)
未分類 (3)
花・HANA・はな (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

ランコム

ランコム ローズ マガジン

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。