*****かな文字の部屋へようこそ*****

クラシカルな作品と大字がな作品 時々 季節の花なども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2016年の年賀状

UPが遅くなりましたが、2016年の年賀状はこんな感じでした。
この数年、喪中が続いたので久々の年賀状だったのですが、愛用のプリントゴッコがすでに備品まで販売終了になってしまい、今回は本当にここまで作るのにどうしようか悩みました。
結局、今まで使用していた賀詞の文字をスキャンし、下地は実際の料紙の画像をスキャンして、プリンターはうちのでは白い枠が付いてしまうので、昔の教え子に頼んで、作ってもらったのでした。


☆一般の年上の方&年上同業の方へ

2016-1-18(1)

カテゴリーの「年賀状」にある文字をそのまま使っております。
「謹賀新年」よりこの賀詞の方が文字のデザイン的にも面白みがあって使えると思います。
「年」は中国の古典では3画目が5画目より長いものがあり、慣れるとこの形の方が概形が逆三角形となるのでスッキリとした見た目になって、しかもちょっとおしゃれな仕上がりになるのでおススメです。



☆友人・知人 親しくしている同業の方・弟子へ

2016-1-18(2)

こちらもカテゴリーの「年賀状」にある文字をそのまま使っております。
「賀正」に「本年もよろしく~」を添わせ、一つの図形のようにして用紙の上に置きました。
このレイアウトは用紙の柄や色を問わず使えるので、困った時のレイアウトです。
「賀正」を「迎春」や「賀春」「福寿」などに置き換えてもいいと思います。



年賀状の基本として年上の方には「謹賀新年」「恭賀新年」「つつしんで新年のお喜びを申し上げます」など
正式な賀詞が好ましいのだそうですが
無礼を寛容に見てくれる方やカードとしても楽しんでいただけるような方、シャレを受けとめてくださる方には、年長者であっても下の年賀状をさしあげております。

また今年も無礼をお許しくださいませ、の気持ちもこめて…

書道教室のお弟子さんから年賀状をいただいた時は下の年賀状を送ることが多いです。
用(実用)と美を兼ねる意味で、書の勉強に少しでも役立てていただければと思います。


スポンサーサイト

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/01/18(月) 00:47:29|
  2. 年賀状
  3. | コメント:0
<<粘葉装の冊子を作りました 古今和歌集巻第6 | ホーム | 寒中お見舞い申しあげます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

コウ

Author:コウ
展覧会活動の他、東京・渋谷区や埼玉・川越市や所沢市で書道を指導しております、コウと申します。

展覧会では大字かな作品を出品し
ライフワークではクラシックな細字作品を作っています。


☆書道教室や書道展、その他お問い合わせは

tomonori015015@gmail.com

までよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ライフワーク作品 (21)
展覧会作品 (33)
訪ねて・・・ (21)
ご案内 (8)
お仕事 (7)
制作風景 (28)
ごあいさつ (13)
ひとこと (35)
書道教室 (18)
年賀状 (8)
出張教授 (23)
リフレッシュ (10)
未分類 (3)
花・HANA・はな (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

ランコム

ランコム ローズ マガジン

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。